息子がクワガタを飼いだして5日が経ちます。
世話はたいしたことがないのですが、クワガタのゲージがとても臭うんです。
たぶんクワガタのフンなどのニオイなんでしょうが、
これって、どうにかなるのかしら・・。
詳しい方いらっしゃったら教えてください~。
今日は腐葉土というか飼育マットを天日干しにして、
その後は、また元に戻して脱臭効果を期待して、木炭を一緒に入れました。
そのせいか今晩はあまり臭いません。
それでも、これだけ臭うとクワガタのカラダにも影響がありそうでこわいです。

こちらはアジサイのリース。
実家の庭で咲いたものをドライにして使用しました。
札幌のアジサイは咲き終わった後も腐らないで、そのままドライになってくれます。
ajisairi-su.jpg

スポンサーサイト

先週末に大雪の赤岳に登ってきました。
今回は息子を私の両親に預けて、主人と二人で登りました。
この赤岳は主人と初めて登った山なので、とても思い出深い山です。
天気は曇りのち雨という感じでしたが、山頂に着くまではなんとか雨も降らず
お花の写真もたっぷり撮ることができました。

こんな感じでずっとガスがかかっています。今年はいつもより雪が少なくて
毎度苦労させられる雪渓登りが少なかったので助かりました。
2006_0722_03.jpg

チシマツガザクラ。本当に小さい花火が開いたような可愛いお花です。
2006_0722_01.jpg

私が大好きなコマクサ。コマクサ平にて。
2006_0722_02.jpg

いつもは雪渓の上を歩くのですが、今回は左側の登山道が出ていて楽できました。
といっても、急斜面なので大変なのですが・・。
2007_0722_04.jpg

頂上付近。だんだん雲行きが怪しくなってきて雨がポツポツしてきました。2007_0722_05.jpg

雨の中、岩の間でシマリスが雨宿りしていました。小さくて分かりにくいですね。
2007_0722_06.jpg

今回は、沢山の高山植物を見れました。山頂付近では、チシマクモマグサやチョウノスケソウ。キバナシオガマも咲いていました。
大阪から来られたという、年輩のおばさま方は一つ一つのお花にとっても興味をもたれて、
主人が色々お花のレクチャーをしてあげていました。
やっぱり、赤岳はいいです。
また登りに行きたいです。

息子は、私の実家で思う存分楽しんでいたようです。
テイネオリンピアの遊園地で遊んでいる最中に、クワガタのメスを
お兄ちゃん達からもらったようで、「オリンちゃん」と名付けて
今では我が家の一員になってます。どうか長生きしてネ。

おまけのラベンダー。
帰りに通った南富良野の道の駅のラベンダー畑。
今年は見れないとあきらめていましたが、なんとかお花畑を見ることができました。
富良野のファーム富田には混雑が怖くて近寄れませんでした。
2007_0722_07.jpg

日曜日に久しぶりの登山に出かけました。

今回は大雪山系の緑岳です。しかも今回は息子も一緒に登りました。
土曜の夜に出発し、11時頃に現地到着、そしてそのまま車中泊でした。
朝は7時半くらいから登山開始。
緑岳は登ったことがあったのですが、随分昔のことなので
最後の登りが辛かったことくらいしか覚えてなかったのですが、
登ってみると、最初から急な坂道が続いて大変でした。
息子も最初は張り切って登っていたのですが、
あまりに急な登りが続くのでかなりバテ気味&不機嫌でした。
主人に第一花園まで行ったら、すばらしいお花畑が待っていると
言われ続けて登ること2時間近く、着いたお花畑はまだ雪の下でした。

雪があっても結構登っている人はいるんです。息子はみんなに誉められていい気分でした。
頂上は写真の一番高い山です。midoridake01.jpg

ふてくされる息子。アメを食べて雪いじりしてます。
midoridake02.jpg

唯一あったキバナシャクナゲ。いつもなら写真におさめることのないお花を激写。midoridake03.jpg

雪が融けるまであと2週間くらいはかかりそうです。
midoridake04.jpg

帰る途中に出会ったキツネ。このキツネのおかげで息子は復活!
ありがとうキツネ!
midoridake05.jpg

息子と一緒だとペースが遅い上に休みが多いので
ななかな疲れる登山でした。
それでも、雪渓状態のお花畑まで歩けたことは、息子の成長を感じることが
できて、いい経験だったと思います。
降りた後の、高原温泉が気持ちよかったです~。
源泉かけ流しで、まったりと白いお湯は疲れたカラダに効きました。
ここのお湯は本当にいいと思いました。

今度は旭岳の予定です。
息子よ、次回も頑張ってね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。