あけましておめでとうございます。
今年は昨年より多く日記を書くように頑張ります!
と、毎年同じ誓いを立てては守られず・・・。
いやいや、今年は頑張ります。
ですので、半年に一度くらい覗いてみてください。

さて、今年のお正月は息子の部活動のお休みが思ったより長かったことから、
念願の家族で旅行ができました。といっても北海道内ですが・・。

昨年、わが家の事情でマイカーをエコカーへと変更したのですが、
長距離運転でどの程度、燃費が良いのかを主人はずっと試したかったようでして、
今回は、ど〜んと遠く養老牛温泉(ようろううしおんせん)まで行ってきました。
この温泉街には三件の宿屋があるのですが、そのウリが「シマフクロウに会える!」
なんです。
色々な野生動物を見てきたわが家ですが、まだ見ていない動物が
フクロウなわけでして、今回は部屋の中からでも観察出来るという
「藤や」さんに宿泊してきました。

藤やさんは、フクロウ好きな人にはたまらない旅館らしく、
目玉その1
フクロウがやってくる生け簀を24時間モニターしていて、
部屋のテレビでチェックできます。まあ、今回わが家の部屋は
生け簀の真正面なので、モニターしなくても肉眼でチェックしていました。

目玉その2
夜中にフクロウがやって来た場合、フロントにお願いしておくと、
内線電話でコールしてくれます。今回は午前2時と5時の二回
コールがありました。起きてはいましたが、ありがたかったです。

目玉その3
旅館の従業員さん、みなさんフクロウに詳しく、色々お話が聞けます。



色々寄った先で写真は撮りましたが、あまり載せるほどの物ではなく、
メインのみ載せます。


今回、旅館に到着後早速温泉に入っていたのですが、
その時(たぶん夕方4時〜5時くらい)旅館の木に2羽フクロウが来ていたらしく、
フロントからたくさんお電話いただいていたようです。
私たちが、温泉から出た時にはもう飛び去った後でした。
まだ明るい時間に出てくることは非常に珍しいようで、
しかもカメラに収めるには絶好のチャンスだったのに、それを逃してしまいました(>_<)


さて、夕食後早速部屋の電気を消して、カーテンを開けて生け簀をチェック。

すると来たのはクロテンでした。
ライトが暗いのとフラッシュが禁止なのとで、ブレブレ状態。
クロテンは何度も出てきては生け簀の魚をゲットして帰って行きました。
2014_0105_01.jpg

深夜1時20分頃、やっと、やっと、待ち人(鳥)現る!
眠い目をこすりつつ、シャッター切りまくり。
シマフクロウは、フクロウの中でも大きいらしく、
人間の座高くらいの大きさがあるそうです。
羽根を広げると2メートル近いようです。

息子もなんとか起きて撮る。ただコンデジでは暗くて何も写らず・・。
主人のコンデジに切り替えて撮影。少しは写せたようです。

私の方も、私のカメラでは限界があり、望遠もきかなけえば、連写速度も遅く、
もどかしい〜。そしてなかなかピントが合わず・・。
この写真かなりトリミングしてます。
2014_0105_02.jpg

やっとカメラ目線。
1時間ほど写して、もう限界なので就寝。
その後、朝5時過ぎに再び飛来。かなりの写真を撮るがピントが合わず・・。
2014_0105_03.jpg

6時過ぎくらいから徐々に空が明るくなってきて、
薄暗い中、フクロウは森へ帰って行きました。
私たちも1時間くらい就寝。かなり寝不足。

これは7時くらいかな。真ん中のくぼんでいるあたりが生け簀。
2014_0105_04.jpg

沢山フクロウが観察できたので、本当に良かったです。
来るのが深夜なので、寝不足は覚悟の上ですが、
やはり朝は眠かったな〜。


こちらは阿寒の国際鶴センター
たくさんの鶴がエサをもらいにやってきます。
こんなにたくさんの鶴を見たのは始めてです。
2014_0105_05.jpg

首が灰色なのは1才未満の鶴でして、たいがい両親と一緒に行動しているそうです。
2014_0104_06.jpg

午後2時から魚のモグモグタイム(エサやり時間)だそうで、
この魚をねらってオジロワシがやって来ています。

着いた時からギャラリーが多くて、なんでこんなにカメラ(しかもすごい奴)持ち込んでいる人が多いのかな〜と
思っていたのですが、皆さん鶴ではなく、オジロワシを狙って写真を撮っていたようです。
2014_0105_07.jpg

こんな感じで、鶴とタカがエサを巡ってバトルする様子を撮っているようです。
2014_0105_08.jpg

というわけで、今回はたくさんの動物を見ることができました。
肝心の車の燃費の方は、800キロ走って給油なしで札幌まで帰って来れました。
以前のワンボックスではあり得ないと主人は言っていました。
道東は雪が少なく、アスファルトの路面が出ている地域が多く、
快適に走る事ができました。ただし、札幌に帰ってきたら、大雪でびっくり!

今回は冬の旅でしたが、夏はフクロウが子育てで生け簀の魚で
狩りの練習をするようです。そんな様子も是非見てみたいな〜と思いました。
お料理も美味しかったし、温泉も気持ちよかったし、また行きたいな。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。